酒道具・美酒佳肴・展観。佳き縁(えにし)を繋ぐ、その徒然。また酒席十二相。その芯は遊び(あすび)の心意気。


by drink-style
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『手数(てかず)をかける』

器の世話をする。手数をかける。
酒膳の設えをするところから今宵の悦楽は始まります。
旨し酒、佳き肴、粋な器の三位一体。
と、一献の前に手数をかける愉しみを得ること、その妙諦を少々。

酒の器、酒道具とでも称しましょう。
その魅力と楽しみは使うことでさらに深まり、
きちんと手入れをすることで器は育ってくれます。
その一歩。まず器は使う前に水で湿らせることを習慣にするのがよいでしょう。
乾燥している器にすぐさまお酒を注ぐと器肌に染み込みすぎてしまいます。
もちろんその染み込みが後々の景色を作り上げてくれるのですが、
手入れがよろしくないと匂いやかびのもとになってしまいます。
時間があればボウルなどに水を張ってしばし浸けておきます。
すぐに使いたいときは流水で濡らすだけでも構いません。
湿らすことで器の肌はしっとりとして、よい艶も感じられるようになります。

存分に日本酒を楽しんだあと、器を使ったあとも少し気を配るとしましょう。
食事の油が付いた皿などと一緒にしないよう、
まず酒器を先に洗うといった心掛けが肝要。
すすいだ後には湯をかけておくのも一つの工夫。
洗ったあとはよく乾燥させることが大事なので、
湯をかけることで乾燥が早まります。
すぐに戸棚に仕舞わない。ふせて置かない。
このこともまた気配り。
余計な匂いがこもったり、かびたりすることを防ぎます。
湿らす、使う、洗う、乾かす。
この繰り返しでこそ器は育っていくのです。
旨し酒を堪能しつつ、ご愛用の酒道具が育つのを楽しむといたしましょう。

使う前、使ったあとの手数を惜しまないことで、器の表情はかわってきます。
面倒を見ることを遊びましょう。
愛用し続けることで、きっと器は応えてくれるものなのです。
c0221262_21123114.jpg

[PR]
by drink-style | 2015-07-14 21:13 | 酒道具
『ぐい呑みの三調子』

ぐい呑みの三調子とは、その魅力を味わう居姿、色調、肌触の三つの視点です。

一つめの居姿とは、ぐい呑みの形のこと。
造作や作行きなどとも言われ、器の風情を一番よく表しています。
ぐい呑みの居姿は筒形(つつなり)、丸形(まるなり)、碗形(わんなり)、
平形(ひらなり)、乙形(おつなり)と大きく分けることができます。
居姿は見た目の魅力だけではなく、日本酒の味わいにも関わってきます。
その形(なり)は口造り(呑み口の部分)の厚みと相まって、
同じ日本酒でも味わいのちがいを感じさせてくれます。
お気に入りのぐい呑みを見つける上では、ひとつ大きな要素となりましょう。

二つめの色調は色合い、色艶のこと。器を見ればすぐにわかる特徴です。
土の風味そのものから釉薬(ゆうやく・うわぐすり)の種類、
器を焼き上げるときの調整によってさまざまな色調が生まれるわけです。
楽の黒や赤、織部の緑や志野の紅、粉引の白、備前の緋襷、信楽の土色やビードロ、
伊万里焼や清水焼、九谷焼のような色絵付などがありますが、
作り手がおのおの工夫を凝らした独自の釉薬もあります。
その表情は鮮烈であり、嫋やかであり、落ち着きであり、華やかであり。
居姿と並び作り手の個性がよくわかる部分でありましょう。

三つめは肌触。手触り、掌への収まり具合。
好みのぐい呑みと出会うための、もっとも大事な視点とも言えるのが肌触、
器の手触りです。
器の良さを存分に味わうための真髄と言ってもあながち的外れではないでしょう。
磁器のようになめらかでつるりとしたもの、
備前や信楽のようにざっくりとした土の味わいがよく出ているものは
特にわかりやすいもの。
きりりとした凛々しさを感じたり、優しい暖かさが伝わったりしますが、
触れた瞬間にすいっと手に収まる塩梅を感じとれるものこそ、
相性のよき器と云えましょう。
器の魅力は手に取ってこそ感じるもの、わかるものです。
ご自身の手に収めてみて、ぐい呑みの魅力を存分に確かめてくだされば幸いです。
 
c0221262_1845011.jpg

[PR]
by drink-style | 2015-07-01 18:45 | 酒道具